新着情報

  • TOP
  • > 新着情報

園庭に新しい遊具を設置します!(2015/06/25)

商大幼稚園の子ども達が楽しく元気に遊べるように、
園庭に新しい遊具を設置します!

子ども達にとって遊びは生活の中心であり、遊びから様々なことを学びます。

新しい遊具にはたくさんの遊びアイテムが揃っているので、子ども達の多様な経験を促し、
心身ともにバランス良い成長ができることを願っています。


≪完成予定日:平成278月末≫

2
1


【新しい遊具の紹介】

(1)         (2)        (3)
uni-01uni-02uni-03

(4)         (5)        (6)
uni-04uni-05uni-06

(7)         (8)                   (9)

uni-07
uni-08uni-09

(10)         (11)                   (12)

 uni-10uni-11uni-12


(1)ファイヤーマンポール
消防士のように颯爽と出勤しよう。
着地の衝撃とバランス感覚を身に付るのに必要な遊びです。

(2)ジャングル
 
こども達の行く手を阻むジャングル。
はしごを上手に使って次の床を目指します。
難易度の高い遊びですが、手をかける場所がいくつもある、
安全な作りになっています。


(3)クライミングウォール
壁面を上に、もしくは横に移動します。
グリップはさまざまな形状・サイズで間隔もまちまちです。
目で良く見て判断し、次の一手を考えて進む必要があります。

(4)波型ワイドすべり台
身体の不安定さを克服する遊びです。
滑走面のエンボス加工は、炎天下での放熱性を高めます。
エンド部分を長くとってすべり台の上で身体が止まるように配慮しました。

(5)ボールポスト
この遊びに必要なのは、手と足の調整能力です。
まっすぐなポストは、木の幹を連想させます。
枝や節のかわりに、柔らかめのポリエチレンのボールを足場にすることができます。

(6)くぐりスクリーン
丸い穴の開いたスクリーンは、ほら穴や船室を思い起こさせます。
子供たちの大好きな滑るという動作は、さまざまな遊びの舞台となります。

(7)にょきにょき棒
子どもたちを上へとつなぐ、新しいのぼり遊びです。
足を乗せていくルートは自分で見つけます。

(8)ステップラダー
はしご状にステップバーが連なったシンプルな登り遊びです。
登りきるところと降りる時が難しい。身体を支えるための十分な握力が維持できます。

(9)V字ブリッジ
足元は1本のロープ。ゆらゆら揺れる中を慎重に進みましょう。
バランス感覚を養います。下には落下防止のネットを張ります。

(10)ダックウォーク
バランスを保って足場を変えながらゆっくりと登っていきます。
バランスを上手にとりながら遊ぶ、スリルに満ちたクライマーです。

(11)バルコニー
 
ミシン目の入った丸みのあるバルコニーは明るさとスペース、
そして広い視野を生み出します。

(12)ファニチャー(ベンチ)
仲良くなるにはちょうど良い距離が大切です。
複合遊具の中に人間関係を築くための空間を用意しています。

  • お問い合わせ
  • なんでもドアブログ
  • プレスクール