園児募集

  • TOP
  • > 募集要項

募集要項(平成30年度)

募集人員

◆〔3歳児〕50名 ◆〔4歳児〕若干名 ◆〔5歳児〕若干名
※定員超過の際は、抽選する場合があります。

入園資格

◆本幼稚園の教育方針に賛同する家庭の幼児

募集見学会

日 時
[第1回]9月14日(木)
[第2回]9月21日(木)
いずれも午前9時30分~10時30分
場 所
大阪商業大学附属幼稚園

◆在園児の保育を自由に見学していただきます。

受 付
9月1日(金)から

土・日・祝日を除く午後1時~4時まで電話にて受付

募集説明会及び親子無料体験

日 時
[第1回]9月9日(土)
[第2回]9月16日(土)

★親子無料体験:午前10時~10時20分

★募集説明会:午前10時25分~11時25分

場 所
大阪商業大学附属幼稚園1階プレイホール
受 付

◆親子無料体験は申込が必要です。(各日先着順60組まで)

◆受付は、いずれも9月1日(金)から電話にて受付。受付時間は、土・日・祝日を除く午後1時~4時まで。

◆教育方針・保育内容・経費・通園バス運行・預かり保育・課外活動などについて説明します。

◆幼児・保護者・先生と一緒に遊びます。

入園願書受付

日 時
10月2日(月)午前9時~午後12時
(受付時、面接時刻をお知らせします。)
場 所
大阪商業大学附属幼稚園1階 玄関ホール
で受付けます。
提出物
◆「入園願書」本園指定用紙に記入
◆「面接資料」本園指定用紙に記入
◆「入園申込料」3,000円

入園面接

日 時
10月2日(月)入園願書受付より順次行います
1人5分~10分程度の保護者と幼児への面接です。
場 所
大阪商業大学附属幼稚園1階 保育室

入園手続

日 時
10月5日(木)午前10時~11時
場 所
大阪商業大学附属幼稚園1階 玄関ロビー
納付金
◆入園料……50,000円(入園の際1回のみ)
◆教育充実費…55,000円(入園の際1回のみ)
計 ………………105,000円
※兄弟姉妹入園料減額について
①同一年度に兄弟姉妹が同時に入園する場合入園料納入額:1名分のみに減額します。
②在園児兄弟姉妹入園者の入園料:半額免除します。
 

入園手続後必要な経費

用品代
制服、帽子、靴(上・下)、鞄などの所持品、保育用品は指定業者で直接購入していただきます。
◆制服代……33,000円程度(靴・かばん含む)
◆保育用品・・・5,200円程度

保育料等(月額費用)について

保育料
◆〔3歳児〕 月額22,500円 年額270,000円
◆〔4・5歳児〕 月額20,500円 年額246,000円
保護者会費
月額 ◆〔3・4歳児〕800円 ◆〔5歳児〕900円
諸雑費
「給食費」「遠足代」「卒園アルバム」等年間に必要な費用を12ヶ月均等割りで月ごとに徴収します。
平成29年度の実績は次の通りです。(月額)
◆3歳児 2,100円 ◆4歳児 4,750円 ◆5歳児 5,400円
バス利用者
通園バス利用の方は、バス維持費として次の費用を徴収いたします。
◆利用申込料……3,150円(利用申込み時のみ)
◆維 持 費……3,150円(月額) 年額37,800円
平成29年度バスコース
※平成30年度は一部コース変更予定です。
預かり保育料
預かり保育利用の方は、保育料として次の費用を徴収いたします。
◆2時間未満400円  ◆1時間超過ごとに200円
◆ただし17:00以降300円  ◆8:00~8:30 300円
※月額利用制度あり

個人情報の取り扱いについて

  • ◆頂いた個人情報は入園選考結果案内及び入園決定後の事務手続以外には使用しません。

その他

  • ◆入園を許可された方は、入園準備のため幼児と共に登園していただきます。日時は後日お知らせします。
  • ◆既納の納付金は、理由の如何にかかわらず返還いたしません。
    ただし、教育充実費については、入園許可時から入園までの期間において、保護者から入園辞退の申し出があった場合には返還することができます。

助成金

私立幼稚園児に対する公費補助

入園すると、納付金の一部を減免する次の補助金を受けられます。申請手続きは入園後(6月頃)幼稚園を通して行います。

◆私立幼稚園就園奨励費補助金(平成28年度実績)

3・4・5歳児に市民税の所得割額によって62,200~308,000円(所得制限有)

  • ※上記額は第1子の場合で第2子以降が同時在園する場合は増額されます。
  • ※途中入退園児の補助金の取扱いは別になります。

◆東大阪市私立幼稚園就園補助金(平成28年度実績)

4・5歳児に世帯の所得に応じて5,000円~29,000円(所得制限無)

  • ※途中入退園児の補助金の取扱いは別になります。
  • ※上記は東大阪市在住という例での補助金の種類です。

他府県から通園の場合は、在住市の補助金申請となり、他市から通園の場合でも在住市の補助金申請ができます。
詳しくは、お問い合わせください。